ファイナンシャルプランナーオフィスのテヅカプラニング

TEL:0265-72-1846

明るく豊かな生活実現のお手伝い

《コラム 令和元年から》

テヅカプラニング

有限会社

18 痛みが少ないキャッシュレス

消費税増税に合わせてキャッシュレス決済が頻繁に行われるようになった。キャッシュレス決済により還元されるポイントがあるから利用される方が増えたと思われる。これまでは持ち合わせの現金で足りない時主にクレジットカード決済を用いていたが、これからは現金を持っていてもキャッシュレス決済が優先される。

 

キャッシュレス決済

 

キャッシュレス決済と言えば現金を用いないで支払いを済ますこと。古くから使用されていたのはクレジットカード支払か銀行口座振替である。

 

その後普及したのは事前にお金をチャージする電子マネーだろう。これには交通系と流通系があり、駅やコンビニエンスストアでよく利用されている。そして最近ではスマホの普及に伴いQRコード決済の利用者も増えてきた。

 

日本ではキャッシュレス決済は海外諸国に比べ遅れていたといわれる。それは現金に対する信頼が高く、治安もよく偽札などの心配が少ないからと思われる。

 

ところが今後海外の旅行者を更に迎えるにあたりキャッシュレス決済環境を整える必要性から環境整備が進められるようになった。

 

スーパーのレジで前の人が現金を数えて取り出す際に小銭を落としたりすれば、特に混雑しているときなどはイライラします。キャッシュレス決済は釣銭を気にせずカードやスマホを読取機器に通せば支払い完了になる。

 

素早く支払いを終了できるので業務の効率化が図れる。支払う側も釣銭を気にすることがないのでストレスがなく支払いができる。

 

さらに店側では現金を数えたり、釣銭を準備したり、お金を銀行に持ち込むことがなくなるので時間短縮、人件費の削減にもつながる。

 

個人がキャッシュレス決済に抵抗と感じるのは初期設定の煩わしさとカード等紛失時にお金が引き出されないかという不安がある。初期設定は初めの一度きりであり、スマホは生体認証から他人が使用することは難しく、カード紛失時はカード会社に連絡すれば即時に使用を停止することができる。

 

キャッシュレス決済は合理的

 

店側もキャッシュレス決済機器の導入には新たな費用が発生するというデメリットがあるが、その便利さを経験すれば時間短縮、人件費削減にもつながるのでやがて投資金額を取り戻せると思われる。

 

よくカードを使用するとつい使い過ぎてしまうといわれる。現金であれば支払い時に財布からお金が徐々に無くなっていく。この後の予定から今ここでの使用限度が決められるが、カードではそのような制限がなくなるのでつい使い過ぎてしまう。

 

カードの支払いは翌月以降の指定日だから、そのころには何に使ったのか正確に覚えていない。ただ請求金額の多さに驚き、口座の残高が気になって仕方がない。無事支払いが終わるまではイライラとユーウツな時間が続く。

 

財布の中からお金が出ていくことを想定すれば、ここまでが限界と自分で制御する。お金が減る現象には痛みが伴う。この痛みが自分の欲求にブレーキを掛ける。

 

キャッシュレス決済では数値の変動だけなので、直接の痛みが伴わない。その結果つい使い過ぎてしまうのである。

 

自分の資産が減少する痛みは、金持ちが脱税する心理と共通すると言われる。税金を支払う能力があっても資産の減少は痛く感じ避けようとする。その感覚が節約をしようと働く。

 

痛みが伴わないキャッシュレス決済は欲求に任せれば想定金額を超えやすいので、日頃から計画を立て衝動を抑えた生活がこれまで以上に求められる。

 

 

有限会社テヅカプラニング 〒396-0013 長野県伊那市下新田3110-4  TEL0265-72-1846 FAX0265-74-7722

Copyright(C) Tezuka Planning Corporation. All Rights Reserved